【テスト条件】
●原液・・・クーラント液(5%濃度)
●油  ・・・マシン油0.8リットル(識別の為、赤色着色剤を混入)
●水槽・・・400×550×200h 実容積約30リットル)

・浮上油回収装置「ミニスキマー」と市販のベルト式オイルスキマーを同一条件にて運転
・油の回収スピード及び分離精度を比較

浮上油回収装置ミニスキマー 市販のベルト式オイルスキマー
回収能力 高い 低い
回収時間 非常に早い 遅い
油水分離性 優れている クーラント液も混入
〜比較較実験結果〜

浮上油回収装置ミニスキマーと市販の回収装置との比較実験

【7時間経過】
ミニスキマー 浮上油が全て回収されています。
市販の回収装置 外周の浮上油は回収不能で、
回収油にはクーラント液が混入しています。
【5分経過】
ミニスキマー 全体の約8割程度の油が回収されています。
市販の回収装置 全体の約4割程度の油が回収されています。
【1分経過】
ミニスキマー 油がかなりの速さで回収され始めます。
市販の回収装置 ゆっくりと油が回収され始めます。
【テスト開始】
ミニスキマー Qポットにより回収が始まります。
市販の回収装置 ベルトに油が付着し、回収が始まります。